【整体で効果が出て症状が完治するまでの期間について】茨城県つくば牛久市の牛久カッパ整体院!!

茨城県つくば牛久市の整体で口コミが多い、国道6号線から車で1分にある、理学療法士が院長である牛久カッパ整体院。どこにいってもなおらなかった、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、緊張型頭痛、五十肩、頸部椎間板ヘルニア、腰痛、肩こり、首こり、坐骨神経痛などの痛みや痺れを抱える患者様が茨城県内外から多数いらっしゃいます。
今回のブログでは当院の施術で痛みや痺れに効果がでるまでの期間、及び根本治療を行っている理由を公開します。

スポンサードリンク
 

1.当院が行っている施術方法

つくば 整体

当院で行っている主な施術は筋膜調整という手法を用いて行います。これは、イタリアのLuigi Stecco 氏(理学療法士)が創設した徒手理学療法技術であります。

筋膜機能異常による疼痛を解消し、筋出力、関節可動域、運動パフォーマンス、ADL(日常生活動作) の改善を目的とする手法となります。筋膜は以下の図のような全身をボディスーツの様に覆う組織となります。わかりやすく説明すると、筋肉を覆っている膜となります。(引用:筋膜マニュピレーション協会HP)

筋膜は偏った運動、外傷、トラウマ(事故など)により変性を引き起こします。 変性はヒアルロン酸の高密度化(筋膜高密度化)を生みます(いわゆるゴリゴリして部分)。

筋膜高密度化は構造的変化や疼痛物質の停滞により痛みを引き起こします。 筋膜調整は、高密度化した部分を深筋膜レベルでの摩擦にて40℃以上の温度を引き起こし、ヒアルロン酸の高密度化を改善し、痛みや痺れを楽にする技法です。

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアの場合、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ股関節周囲の筋膜を施術します。 肩こり・首こりの場合は頚から肩甲骨、背中にかけての筋膜を施術します。

頭痛の場合は肩こりの筋膜に加え、顔面から頭蓋(頭)にかけての筋膜を施術します。 そうすることで整骨院などの短い施術では軽くならない肩こり・腰痛を楽にします。

更に詳しく説明していくと、全身に筋膜が集結するポイントがあります。そして、その筋膜のポイントを繋ぐと筋膜のラインが出来上がります(下記図のようなイメージ)。右に捻じる筋膜のライン、左に捻じる筋膜のライン、右に倒す筋膜のライン、左に倒す筋膜のライン、前に倒す筋膜のライン、後ろに倒す筋膜のライン。合計6本の筋膜のラインが存在します。

更に、腱膜というラインがあります。腱膜とは、アキレス腱をイメージしていただくとわかりやすいと思うのですが、筋が集結する場所となります。そのラインが更に右後内側に捻じる腱膜のライン、左後内側に捻じる腱膜のライン、右前内側に捻じる腱膜のライン、左前内側に捻じる腱膜のライン。合計4本の腱膜のラインが存在します。

上記説明から筋膜ラインと腱膜ラインを合わせると合計10本の膜のラインが存在します。そのラインの中から筋膜の高密度化を見つけ施術はしていきます。

2.根本治療とは何か?電気や患部を揉むだけでは治らない理由とは?

上記で説明した用に筋膜のラインが10本あります。その10本の中に筋膜ポイントが複数あります。例えば昔の怪我げ原因で坐骨神経痛を引き起こすことがございます。下記図は昔に膝の怪我をしたことが原因で坐骨神経痛に繋がった患者様です。

この患者様は昔に膝を怪我されています。当院ではそういった怪我の既往歴や怪我の期間を詳しく問診致します。何故か?筋膜の高密度化が起きるのは、外傷、手術、過用による3点で起こってきます。なので、痛い場所を何か月もマッサージしていても、気持ち良くはなりその場の効果はあっても、また同じ症状を繰り返す、といった無限ループとなってしまいます。現にこの患者様も電気治療と軽いマッサージの整骨院に3年程通ったとの事でしたが、改善が見られなかったとの事です。この患者様に限らず、そのような方がたくさんいらっしゃいます。

根本治療としては、痛む場所のみをマッサージや電気治療するのではなく、その症状を引き起こしている本当の場所を探し治療していきます。例えばこの患者様の場合は上記赤点を全部施術(筋膜調整)を行います。この患者様はここの身体をねじる筋膜のラインを治療することで、症状が完全になくなりまして。ただ、筋膜のラインが1点だけとは限りません。筋膜のラインが2本、3本硬いとこがあるのであれば、そちらも全て施術(筋膜調整)していく必要があります。そのような形で当院は原因の全てを根本から治療して行く事で、症状が再発しないお身体に戻っていきます。

セルフケアが最後に必要になってきます。それは、今までの生活習慣で硬くなった筋膜が筋膜調整により正常化し、体の不調がなくなったら、また筋膜の高密度化が起きないようにセルフケアをしていく必要があります。そこまで指導して本当の根本治療が終了する。と私は考えております。

私が患者様にお勧めしているセルフケアをご紹介いたします。

これは、背骨の脇にある多裂筋というインナーマッスルを鍛えるエクササイズとなっております。腹横筋、横隔膜、骨盤底筋とともに、多裂筋は体幹において大事なインナーマッスルとなっております。ここを鍛えることで、腰痛やヘルニア、坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症などの予防になるため、腰部の痛みの方にはおススメのセルフケアとなっております。

先ほどの多裂筋エクササイズが終わったら、上記図の様なハムストリングスのストレッチと背骨の伸展運動に移ります。この運動を行うことで、骨盤が後傾位(丸まったような腰)になりにくく、背骨も伸びやすくなります。また、股関節も柔らかくなるため腰への負担が軽くなっていきます。腰痛やヘルニア、坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症、姿勢を綺麗に保ちたい方へはおススメのセルフケアとなっております。

こちらは首のストレッチ・肩こり予防ストレッチ別名「マリガン体操」本来はバスタオルなどでやるのですが、セラバンドでも十分に行えます。肩こりや首こり、ぎっくり首などの既往がある方にはおススメのセルフケアとなっております。

こちらは肩こりに効く筋膜リリースです。こちらも先ほどのマリガン体操と合わせて行っていただくと、より良い体操となっております。特にバンドとかを使うわけではないので、どこでもお気軽にできる体操となっております。

こちらは肩甲骨下制エクササイズです。マリガン体操と筋膜リリース体操を行った後にやっていただきたい体操となっております。主に肩こりや首こりの方にやっていただきたいエクササイズとなっております。大概の肩こり方が、肩甲骨が上がってしまっています。その為、首から肩にかけた筋膜が短縮して血流が悪くなり、凝りや痛みを感じてしまいます。肩甲骨を下げる筋力がつくことで、根本的に方が凝りにくくなります。

以上が根本治療とセルフケアまでの説明でした。セルフケアに関しては、痛みや痺れが強いうちに積極的にやりすぎてしまうと、痛みや痺れが悪化する場合がございます。痛みや痺れが落ち着てから、徐々に行っていただければと思います。

スポンサードリンク
 

3.当院の施術で効果がでるまでの期間。

当院の施術で痛みや痺れが完治するまでの期間ですが、まず当院では1か月空けても全く症状が出なくなる事を目標に行っております。なので痛みや痺れがあるうちは1週間に1回のペースで通院していただいております。

おおよその疾患別通院の目安

・3-6回程度:腰痛やぎっくり腰、膝、股関節痛、産後の腰痛、腱鞘炎、子供の痛み(捻挫など)
・10回程度:頭痛を伴う肩こり、首こり、五十肩、 
・10-20回程度:痺れや痛みを伴うヘルニアや狭窄症、坐骨神経痛など
・20回-40回程度:不妊症や自律神経症状

大まかに以上のような形で通院していただき、症状が改善していきます。通院頻度としては週に1回のペースで通っていただき、痛みがなくなってきたら間隔を空けていき、最終的には1か月空けても痛みや痺れが来なくなった。という状態まで進めていきます。そのなかで、上記セルフケア等の指導を合わせておこなっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以上が当院の整体が効果が出るまでの期間が最短な理由、及び当院の根本治療の概念でした。

こちらの記事もおすすめです。
→【茨城県つくば市・牛久市の整体で唯一筋膜リリースを行う牛久カッパ整体院!!

当院は茨城県つくば市だけでなく、牛久市、土浦市、龍ケ崎市、取手市、守谷市、常総市、小美玉市、かすみがうら市、笠間市、茨城町、鉾田市、行方市、美浦村、水戸市、ひたちなか市、石岡市、鹿嶋市、神栖市、我孫子市、境町、坂東市、美浦村、大子町、常陸太田市、常陸大宮市、千葉県柏市、松戸市、我孫子市、香取市、山武市、市原市、埼玉県加須市からも脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰痛・ヘルニアのお客様が来てくださっています。

牛久市整体、牛久市不妊、牛久市生理痛、牛久市生理不順、牛久市マッサージ、牛久市腰痛、牛久市坐骨神経痛、牛久市ギックリ腰、牛久市脊柱管狭窄症、牛久市ヘルニア、牛久市肩こり、牛久市頭痛、牛久市首こり、つくば市偏頭痛、つくば市不妊、つくば市生理痛、牛久市生理不順、つくば市マッサージ、つくば市整体、つくば市坐骨神経痛、つくば市ぎっくり腰、つくば市坐骨神経痛、つくば市ヘルニア、つくば市肩こり、つくば市首こり、つくば市膝痛、つくば市脊柱管狭窄症、つくば市腰椎椎間板ヘルニア、つくば市頭痛、つくば市腰痛、つくば市完治までの期間最短

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA