茨城県牛久市・つくば市の整体で理学療法士の資格を持つ整体師がいる牛久カッパ整体院!

茨城県つくば市で口コミが多い、6号線から車で1分にある、理学療法士が院長である牛久カッパ整体院は、どこにいってもなおらなかった腰痛や肩痛、首痛、ヘルニア、頭痛、痛みや痺れを抱えた患者様が茨城県内から多数いらっしゃいます。なぜ、いち整体師がそこまで症状を改善に導くことが出来るのか?今まで勉強してきた内容及び保有資格について公開致します。

1.理学療法士という国家資格を持っている。

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。主に4年生の専門学校及び大学で学びます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節 可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改 善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。理学療法士は主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。

最近では、理学療法士が整体院を開く事が増えております。私は主に整形外科や回復期病棟で痛みや痺れ、手術後の患者様、脳梗塞や脳出血で身体に麻痺を負った方のリハビリを10年行ってきました。そこで病院に入院や手術をする前になんとかできないか?と日々考えるようになりました。それからは、開業に向けて自己投資を繰り返し治せる技術を習得していきました。

以下が私が病院時代に取得してきた資格です。

2.筋膜マニュピレーション

当院の基礎となっている施術方法が筋膜マニュピレーションです。

イタリアの理学療法士, Luigi Stecco氏による1987年から体系化された徒手理学療法。
筋膜機能異常による疼痛を解消し,筋出力.関節可動域,運動パフォーマンス,ADL の改善を目的とする。

筋力のベクトルが収束する協調中心(centre of coordination: CC)と幾つかの筋膜の単位の力が収束するより幅広い領域または点としての融合中心(centre of fusion:CF)を治療対象とする。

筋膜機能異常(筋膜高密度化,基質のゲル化,ヒアルロン酸の凝集化)を筋膜配列,筋膜対角線,筋膜螺旋の視点から解きほぐす全身性の治療. 痛みの解消,筋出力の向上,パフォーマンス向上に非常に効果的な徒手理学療法。

引用:筋膜マニュピレーション協会

3.ピラティスインストラクター

FTP協会のFTPピラティスインストラクターbasic、FTPピラティスインストラクターadvanceと一般向けのピラティスインストラクター、スポーツ選手等へ向けたピラティスインストラクターの資格を2012年に取得いたしました。

『10レッスンで気分が良くなり、20レッスンで見た目が良くなり、30レッスンで完全に新しい身体になります。」
-Joseph Pilates
ピラティスはドイツ人ジェセフ・ピラティスによって考案され、第一次世界大戦中、リハビリテーションとコンディションを目的に始められました。

身体の内側に意識を集中させ、全身をバラン良く動かしながら、身体の筋肉を鍛え、ゆがみのない柔軟性のあるしなやかな身体を目指します。

私も毎朝ピラティスを実施しています。お身体の痛みや痺れが軽減してきた方にワンポイントでピラティスや筋膜リリースを中心にセルケアを指導しております。

4.クラシカルオステオパシー

この技法は主にリンパ液の循環や、静脈の循環の改善に用いております。筋膜マニュピレーションと共に基礎となる手技となっています。

オステオパシーは約130年前に米国の医師A.T.スティルによって提唱された医学体系です。現在全米に23のオステオパシー医科大学があり、米国政府公認の医学として救急医療の分野をはじめ様々な疾患に対して活用されています。英国のJ.M.リトルジョンは生理学者でもありスティルと共にオステオパシーの創世期を過ごしました。そしてその哲学と技術を英国に持ち帰り、英国において発展させたのです。

英国のクラシカルオステオパシーでは身体を1つのユニットとして捉え、身体調整の技法を通して全身の調整を行います。クラシカルオステオパシーの理論は人体生理学に基づくもので、スティルが考案した当初のオステオパシーの哲学・技法を忠実に守り現代に伝えています。
                                   引用:日本クラシカルオステオパシー協会

実際に英国に行き、MICO(英国クラシカルオステオパシー認定会員)の試験に合格致しました。また、この試験の前に国際セミナーとして3回程、1週間にわたる講習を受けました。

5.スリングセラピー

JA取手病院(前取手協同病院)にて一般向けのスリングセラピーからスポーツ選手に向けたスリングセラピーの講習会に参加し資格を取得いたしました。

スリングセラピーとは、天上から下ろしたロープで身体を吊るし、自重免荷作用、振り子運動作用等を利用して治療を行う手技の総称で、1992年にノルウェーで開発されました。ノルウェーでも1600以上のリハビリ施設、研究機関で採用されており、現在、世界中から注目を集めています。 天井から下ろしたロープで身体を支える事(スリング)で身体の重力を除去することができ、様々な効果が得られます。

当院では実際にスリングセラピーは行っていませんが、トレーニングの指導などにスリングセラピーのメッソッドを取り入れたりしています。

6.分子整合医学(栄養学)・ファステイング指導

分子整合医学とは

We are what we eat 〜私たちは食べたもので出来ている〜を元に、スタンフォード大学教授でノーベル賞を2度も受賞したライナス・ポーリング博士が提唱した医学。
「最適な栄養素を最適な量だけ摂ることで健康を維持する」という観点をもった予防医学。薬や医療機器に頼るのではなく人間本来が持っている、自然治癒能力を最大限に発揮させる、先進国では当たり前の予防医学。

ファスティングとは

日々、カラダに蓄積されていく有害物質(水銀、カドミウム、鉛、ヒ素、ベリリウム、アルミニウムなど)は運動や排便だけでは排出できません。日常生活や自然環境などから知らず知らずに体内に入っている有害物質を体外へ出す=デトックスを最大の目的としています。ファスティングのデトックスの効果を通じ、その延長線上に脂肪燃焼などが起こりダイエットに繋がるのです。

ファスティングが必要な時代背景として、生活習慣病・肥満・メタボリック症候群の増加。3人に1人が癌2人に1人がアレルギー。糖尿病は700万人予備軍は2,200万人。これらに食生活が大きく影響しているとされているからです。

当院でファスティングと分子栄養学を取り入れているのは、上記で説明した整体だけだは解決できない、生活習慣病やアレルギー、糖尿病などの予防を痛みや痺れが取れた方に、更に健康になっていただきたいという思いで取り入れております。

また、妊活にもファスティングえお取り入れています。それは、〜私たちは食べたもので出来ている〜。これは、細胞である卵子も同じことが言えます。細胞のもとであるミトコンドリアは、断食や小食、適度な運動で活性化するといわれています。ファスティングをすることで、細胞を入れ替え、ミトコンドリアを活性化させ、より健康になっていただくことで、妊娠しやすい身体が作れると考えております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以上6点がいち整体師が症状を改善に導くことが出来る理由でした。

こちらの記事もおすすめです
→【茨城県つくば市の整体で痛み、痺れが治る!でおすすめな牛久カッパ整体院!

つくば市の整体で腰痛・肩こりを改善したい方はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ホームページ

当院は茨城県のつくば市だけでなく、龍ヶ崎市、つくばみらい市、牛久市、土浦市、取手市、守谷市、柏市、常総市、松戸市、我孫子市、香取市、小美玉市、かすみがうら市、笠間市、茨城町、鉾田市、行方市、美浦村、水戸市、ひたちなか市、石岡市、鹿嶋市、神栖市、我孫子市、境町、坂東市、美浦村、大子町、常陸太田市、常陸大宮市、結城市、佐倉市、成田市、潮来市、からも痛み、痺れが治るでおすすめの整体師がいる牛久カッパ整体院へお客様がたくさん来てくださっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA